CULTIBASE Lab

人とチームの「創造性」を最大限に高める

ファシリテーションとマネジメントの

最新知見を学ぶ

CULTIBASE Labとは

近年、さまざまな領域で「イノベーション」が求められています。イノベーションを生み出すためには、アイデア発想法やビジネスを成長させるフレームワークだけでなく、それを支える人とチームの「創造性」を最大限に高めるためのファシリテーションやマネジメントの方法論が必要不可欠です。

人と組織の創造性に関わる知性は、多分野にわたります。実践的には、アナロジー思考、コラボレーション、ファシリテーション、コーチング、問いのデザイン、心理的安全性、組織開発、意味のイノベーション、両利きの経営など。またその背後には、認知心理学、学習科学、社会学、組織行動論などの経営学などの学問領域まで、広範です。

これらの専門書を読み解くだけでも、膨大な学習時間が必要です。また多くの場合、実務的手法と学問知見のあいだには大きな溝があり、独学でこれらの知識を結び付け、自分の実践に落とし込むには、多大な労力がかかるでしょう。

CULTIBASE Lab(カルティベース ラボ)は、ビジネス書だけではカバーしにくい、"広さ"と"深さ"を兼ね備えた骨太の理論と実践知をビジネスパーソン向けにキュレーションした、探究型の学習コミュニティです。

講師・監修
安斎 勇樹
CULTIBASE編集長
株式会社ミミクリデザイン CEO/Founder
株式会社DONGURI CCO
東京大学大学院 情報学環 特任助教
書籍『問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション』『ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ』『協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる』著者

CULTIBASE Labの特徴

組織の創造性を高める5つのコンテンツカテゴリ
多忙なビジネスパーソンでも、
学習スタイルに合わせて学べる

CULTIBASE Labは、少人数のスタートアップから大企業まで、よりよい組織を作りたいファシリテーター、マネージャー、チームで働くデザイナー、事業リーダーなどの方々を対象に、スマホでも読みやすいテキスト記事、気軽に視聴できる音声・動画コンテンツ、ランチタイムや夜の時間の生配信のゼミやイベントなど、厳選された学習コンテンツをキュレーションしてお届けします。

コンテンツのカテゴリは、イノベーション、マネジメント、デザイン、学習・人材育成、ファシリテーションと多岐にわたります。普段の業務では出会えない、思いも寄らない知見に触れられるのも魅力のひとつ。異領域の理論や手法との新たな出逢いを通じて、実務にブレイクスルーがもたらされることも少なくありません。

1日15分スキマ時間を使って効率的に学ぶもよし、週末にじっくり動画や音声コンテンツに浸るもよし、ライブ配信に参加して他のLabメンバーと交流しながら探究を深めるもよし。さまざまな学習スタイルに対応したLabコンテンツが、あなたのスキルとキャリアの可能性を拡げます。

CULTIBASE Labで学べる5つのコンテンツ

Lab会員限定の濃密なプログラムで
理論や実践知を手に入れる

  1. MEDIA

    WEBメディア『CULTIBASE』で、Lab会員限定の記事を更新しています。調査研究や実践知から明らかになった、効果的なファシリテーションのテクニックや心構えに関するノウハウ「ファシリテーションのヒント」をはじめとして、日々の実践に役立つコンテンツをお届けします。
  2. PODCAST

    平日ほぼ毎日更新される『CULTIBASE』新着記事について、CULTIBASE運営メンバーが音声で解説します。記事の学びのエッセンスを抽出し、背景情報や裏話、関連知識などをお伝えします。
  3. SEMINAR

    CULTIBASEゼミは、人と組織の創造性に関わるテーマごとに、継続的に学びを深めるためのプログラムです。マネジメントやファシリテーションだけでなく、デザイン、アート、問いのデザイン、遊びのデザインなど、注目度の高いテーマゼミが揃っており、これからもラインナップが増えていく予定です。
    定期開催の生配信の動画コンテンツのほか、会員同士のディスカッションを通して学びを深めていきます。生配信に参加できなかったり、見逃したりした場合でも、過去のゼミの動画はすべてアーカイブでご覧いただけます。動画は短く分割されたトピックごとに視聴可能なため、通勤時間やお昼休みなど、隙間時間にも効率よく学習できます。また、CULTIBASE Labでの学びを深めるための関連動画も200本以上アーカイブされています。

    開催中のゼミ

    • マネジメントゼミ
      主宰者:
      ミナベ トモミ (株式会社DONGURI CEO/株式会社ミミクリデザイン COO)
      野島 繁昭(株式会社ミミクリデザイン Director / HR Strategist)
    • デザインゼミ
      主宰者:
      小田 裕和(株式会社ミミクリデザイン Manager / Design Researcher)
      瀧 知惠美(株式会社ミミクリデザイン Director / Experience Designer)
    • アートゼミ
      主宰者:
      臼井 隆志(株式会社ミミクリデザイン Director / Art Educator)
      田中 真里奈(株式会社ミミクリデザイン Art Educator)
    • 問いのデザインゼミ
      主宰者:
      安斎 勇樹(CULTIBASE編集長)
    • 遊びのデザインゼミ
      主宰者:
      安斎 勇樹(CULTIBASE編集長)
      舘野 泰一(立教大学経営学部 准教授)
    • ファシリテーションゼミ※2020年12月からスタート
      主宰者:
      和泉 裕之(株式会社ミミクリデザイン Manager / Dialogue Designer)
      渡邉 貴大(株式会社ミミクリデザイン Director / Experiential Educator)
  4. EVENT

    第一線で活躍するゲストを招いた研究会や講座を不定期に開催。Lab会員はすべてのイベントに無料あるいは特別価格でご参加いただけます。
    なお、過去の研究会の動画アーカイブを、Lab会員はいつでもご覧いただけます。

    過去に実施した主なイベント

    • 2018年5月開催
      会員限定研究会
      「個人の創造性を取り戻す-デザイン思考のその次」
      ゲスト:
      佐宗 邦威さん(株式会社biotope 代表取締役)
      岡田猛さん(東京大学情報学環/教育学研究科 教授)
    • 2020年6月開催
      公開研究会
      「オンライン研修の技法を探る - オンラインの研修・授業でいかに学びとコミュニティ参画を促すか」
      ゲスト:
      舘野 泰一さん(立教大学経営学部准教授)
    • 2020年4月開催
      意味のイノベーション研究会Vol.01
      「プロダクトの意味をデザインするとは - FinTechのデザインを事例に学ぶ」
      ゲスト:
      松本 隆応さん(ヘイ株式会社 リードデザイナー)

    EVENT CALENDAR

  5. ONLINE COMMUNITY

    CULTIBASE Lab会員専用のFacebookグループで、お知らせや関連情報の共有等を行なっています。
    会員同士で一緒に動画コンテンツを視聴したり、オンラインで独自に勉強会を開催したりと、コミュニティを生かして学びを深めていただくことも可能です。

料金

リーズナブルな価格
無理のないペースで学べる

¥2,980/ 月(税込)
  • 各種ゼミ生配信

    過去の動画アーカイブ見放題

  • メディアの音声補足解説配信

  • 会員限定記事配信

  • 公開イベント優待

    メンバー限定イベント招待

キャリアへの活かし方

馴染みのない領域からヒントが得られる
“幅の広さ”が魅力のコミュニティ

CULTIBASE Labは自宅のお風呂で湯船に浸かりながら動画視聴するようなノリでミミクリデザインの皆さんや会員の皆さんの知識に気軽にアクセスできてとても重宝しています。隙間時間に何気なくCULTIBASE Labの動画を観ていたら、以前からぼんやりと抱えていたモヤモヤの解像度が上がって一気に課題の解消につながったり、自分自身の興味関心が及ばないところにある良質な知識や知恵に出会えたりします。僕にとってのCULTIBASE Labは、「痒いところに手が届く」というのとはまた違って、「あ、ここ痒いところだったんだー、言われて今気づいたわ」というような感じで時々思ってもなかったギフトをもたらしてくれるコミュニティです。

学校法人角川ドワンゴ学園 / 株式会社ドワンゴ

園 利一郎さん

2017年12月入会

知見を主体的にアップデートするための
新たな視点や疑問が見つかる場所

私にとってCULTIBASE Labは「考え続けるための切り口を見つける場」です。元々私がCULTIBASE Labに入会した目的は、デザイナーとしてUXデザインや新規事業開発のプロジェクトに携わる中で、ワークショップの設計を担当する機会があり、その方法について学ぶためだったのですが、今では仕事に活かすという目的を超えて、自分の知見を新たにする場だと感じています。特に研究会では、ファシリテーターの方から思いもよらない問いを投げかけられることも多く、いつもモヤモヤしながら帰ります。単に答えを教わるための場ではなく、新しい視点や疑問を見つけるための場として、活用しています。

DSCL Inc. / Tokyosento Inc.

大竹 沙織さん

2018年9月入会

よくあるご質問

Q.

全部のコンテンツは消化できないと感じているのですが、
ついていけるでしょうか?

CULTIBASE Labのすべてのコンテンツをご覧いただく必要はございません。様々な学習スタイルにあわせられるようコンテンツをお届けしていますので、ご自身のスタイルにあった形でお楽しみください。活用方法に迷われた方は、週1回開催しているフォローアップゼミに参加またはフォローアップゼミのアーカイブ動画をご視聴ください。本ゼミで、前週と翌週のコンテンツの学びどころをご紹介します。

Q.

関東圏外のため、対面のイベントに参加ができません。
地方の人は参加しにくいでしょうか?

多くのコンテンツをオンラインで提供しているため、関東圏外の方も継続して学んでいただけます。ぜひご自宅や職場からご参加ください。また、対面のイベントも、アーカイブ動画やイベントレポートを共有させていただきます。

Q.

Facebookのアカウントを持っていません。
Facebookグループの参加は必須でしょうか?

Lab会員の方はメンバー限定のFacebookグループにご参加いただけますが、参加は必須ではありません。参加が必要ない方は、参加いただかなくてもかまいません。会員限定記事、動画コンテンツ、イベント情報はメールでも共有いたします。

Q.

スマートフォンでも参加可能でしょうか?
必要な受講環境は?

インターネットに接続できて、EメールやFacebookが利用できる環境であれば、パソコンでもスマートフォンでもご利用いただけます。動画コンテンツについては、Youtubeなどの動画が閲覧できる通信速度があれば十分です。

Q.

会社のメンバー何名かで学びたいのですが、
法人プランなどの用意はありますか?

CULTIBASE Labでは法人プランもご用意しております。請求書払い、会費割引等の特典があります。詳しくはこちらからお問い合わせください。

Q.

入会後、退会したい場合はどうすればいいでしょうか?

専用のフォームより退会申請をいただいた後、事務局の方で退会手続きをさせていただきます。詳細は初回ご入会時にご連絡差し上げております。